立地条件で霊園選び

立地条件で霊園選び

知っているようで意外と知らない霊園情報を多数ご紹介しています。
まずは当サイト<立地条件で霊園選び>をお気に入り登録しておくと良いでしょう。霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。

 

霊園の権利販売を訪問販売で行なっている業者がいますが、匠なセールストークだけで決めてしまってはいけません。
一つの霊園だけに縛られないで、まずは数々の霊園情報を集めて失敗をしない霊園を選ぶことが重要なのです。

 

ただ単に霊園と言いましても、民間霊園と公営霊園、そして寺院の3つの中から選ぶこととなります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、まずはそれを把握してから理想的な霊園を選ぶようにしましょう。


よく当たる占いのことなら
http://petite-petal.com/area/




立地条件で霊園選びブログ:2017/10/18
ムスコはお弁当を持って
幼稚園へ通っていた。

最後の弁当を持たせた日。
ムスコが持ち帰った空の弁当箱を開けると、
一枚の絵手紙が入っていた。

「ありがとう おいしかったよ」

先生が書いてくれた弁当の絵に塗り絵してあり、
横に覚えたてのひらがなが並んでいた…

思いがけないプレゼントに、
あたしは「えーっ」と言ったきり言葉に詰まり、
泣いてしまった。

ただただ嬉しかった。
いつも見られるように写真たてに入れて、
台所に飾った。

ただ、見る度に、
温かな気持とは別の感情を
あたしは思い出していた。

あたしが高校三年生だった、卒業間近のお弁当の時間…
幼稚園から高校まで、
ずっと食べてきた友人の弁当もこの日が最後だった。

包みを開けると、
弁当箱の上に一枚の便せんが置かれていた。
「十八年間お弁当を作らせてもらってありがとう 母より」

涙があふれてきてしまった。
母に「さよなら」と言われたようだった。

卒業後は短大に進むために、
家を離れることが決まっていたからだった。

瞬きすれば落ちてきそうな涙を、
友人に気づかれないよう必死に目を開けて、
最後の弁当を食べた。
たまらなく寂しかった。

家に帰ってから友人に弁当箱を渡した。
「もうー、泣きそうになったよ、なんであんなこと書いたの?」
と言うあたしに、母は、
「本当にそう思ったから…」
とだけ言った。

「あたしこそありがとう」
そう言うのが本当なのは分かっていたけれど、言えなかった。
あたしまで「さよなら」と言っているようで嫌だった。

今から思うと、
感謝の気持ちも優しさのかけらもない言葉を
なげかけてしまったと思う。

母の言葉の意味は、
あたしには分からなかったけれど、
それ以上深く母に気持ちを聞くことはしなかった。

今になって
「母に悪かった」と思っている。

ホーム サイトマップ
立地条件で霊園選び モバイルはこちら